老人ホームのQ&A

ケアハウスと老人ホーム。違いはありますか?

ケアハウスも老人ホームという大きなくくりの中のひとつです。ケアハウスも老人ホームですし、数多くある老人ホームのひとつの形態が「ケアハウス」ということになります。

老人ホームと答えましたが、この「ケアハウス」と「老人ホーム」の違いというのは、とてもよく聞かれる質問でもあります。多くの方が疑問に思っている点でもあります。

よくよく聞いてみると「民間の老人ホーム」と「ケアハウス」の違いであることが多いので、両者の違いについて説明したいと思います。

老人ホームは公的老人ホームと民間老人ホームがあります。

民間での老人ホームは、各施設にもよりますが、生活支援サービス・食事サービス、健康管理サービス、介護サービスといったものが行われます。

民間での老人ホームには居住形態が色々とあり、マンション型でワンルームや2KDKなどで暮らし、ホールや食堂などで各種サービスを受けることができます。

こういった民間での老人ホームでは入居一時金と月額費用が必要となり、入居一時金は数十万円から数百万円程度と幅があり、月額費用も各ホームによって様々です。

施設の管轄は厚生労働省となります。

「ケアハウス」は、一般的に軽費老人ホームに分類されます。

「ケアハウス」は、家族による援助が困難な60歳以上の方が対象となります。食事を作るなどの日常生活が困難になり、自立した生活ができない、又は、不安があるという方を対象にした施設となっています。

なるべく自立した生活が送れるように、施設の構造や設備といった面でかなり工夫されております。

そして、食事や入浴、緊急時の対応などといったサービスを受けることができます。

「ケアハウス」の場合は、各「ケアハウス」の施設にもよりますが、介護というものが重度になった場合には退居しなくてはならないという場合があります。

「有料老人ホーム」は、健康な方から介護が必要とされる幅広い対象で、有料老人ホーム」を運営しているのは、主に株式会社となっていて事業主体が民間で運営しています。費用は、入居一時金及び月額利用料がかかります。

「ケアハウス」は、自立している60歳以上のご高齢者が対象で、「ケアハウス」を運営しているのは、社会福祉法人、また医療法人や株式会社となっています。費用は、月額利用料がかかりますが入居一時金は不要です。。

すぐ入居できるかどうかですが、「有料老人ホーム」は比較的空室があります。「ケアハウス」の場合は待機者が多いため、数年待ちとなっているようです。

介護士を目指して・・・

アナタの希望はここにあるかも!三宮 テナントのオススメ物件も是非ご検討ください!都市部における住居形態として重みをもつ「マンション」です。

特別養護老人ホームと養護老人ホームの違いはなにかありますか?

老人ホームにはたくさんの種類があり、種類も似たような名前になっていて、内容的に何が違うのかが本当はわかっていないということが多いです。

「 特別養護老人ホーム」というのは65歳以上のご高齢者で、精神や身体に障害を持ち、日常生活全般にわたって介護の必要性があり、自宅での円滑で自立した生活が困難という方が入居対象となっている施設です。

この施設の特徴は、寝たきりのご高齢者や痴呆症のご高齢者といった比較的重度の状態のご高齢者を受け入れてくれる施設です。

「特別養護老人ホーム」は、介護費用だけではなく、生活全般に必要な費用、例えば、光熱費や住居費といったものに介護保険が適用される部分がありますので、月額にかかる費用が格段に安く、一般的に5万円程度となっています。

「養護老人ホーム」は、特別養護老人ホームよりも状態が軽いという 方が対象となります。要介護状態の認定をされていますが、比較的症状が軽い65歳以上のご高齢者が入居されています。

介護状態になっているけれど、認知症(痴呆症)、寝たきりといった重度の介護状態ではない、また、経済的事情や生活環境によって、ご家族と一緒に暮らすことが困難という方が対象となります。

軽費老人ホームに入りたい。でも入るにはどうすればいいの?

軽費老人ホームには、A型・B型・ケアハウスと3種類の軽費老人ホームがあります。

A型は、60歳以上で、ご夫婦どちらかが60歳以上の方が入居対象となります。ご家庭の事情や一般住宅での生活が難しいという方が入居できる施設で、給食サービスもあります。しかし、寝たきりといった重度の介護が必要な方は入居できません。

入居される方の前年度収入に応じて、施設利用料が変わります。A型を利用する場合は、この軽費老人ホームと直接契約することになります。

B型は、60歳以上で、ご夫婦どちらかが60歳以上の方が入居対象となります。家庭環境や住宅事情によって、自宅での生活が困難という方が入居できる低料金で利用できる施設です。こちらは自炊が原則なので、自立した生活ができるという方が対象となります。

軽費老人ホームB型も、入居される方の前年度収入に応じて、利用料が変わります。B型を利用する場合は、利用者と施設との直接契約になります。

ケアハウス型は、60歳以上で、ご夫婦どちらかが60歳以上の方が入居対象となります。身体機能が低下したり、年齢的に独立世帯での生活が不安という方が入居対象となります。

ケアハウスのメリットは、介護が必要となった場合に、ホームヘルパーの派遣といった外部の介護サービスを利用できるということにあります。

介護が必要になったときに、必要な介護が住み慣れた施設で受けることが出来るということです。この軽費老人ホームのケアハウスも、施設との直接契約となります。

養護老人ホームに入るにはどうすればいいの?

養護老人ホームは、市町村民税均等割以下の世帯で、環境上や経済的理由によって、自宅で家族との同居が困難なご高齢者等が入所できる施設です。各市町村の措置によって入所決定が決まります。

特別養護老人ホームとは違い、介護保険施設ではありません。行政による措置施設のため、申込みの方法などは、各市町村によっても違いがあります。

対象年齢は65歳以上で、費用に関しては入所する方の収入と扶養義務のあるご家族の課税状況によって変わってきます。

色々な事情を抱えている現代の家族構成や経済上の理由で、自宅での介護ができないという方にとって、このような施設が利用できることは、介護される側も家族にとっても、救いの道と感じるのではないでしょうか。りますね。

入居に関しては、市町村の福祉課、保健センターなどでも相談窓口があります。

介護療養型医療施設に入るにはどうすればいいの?

介護療養型医療施設というのは、急性期(体調の急変により病院で手術など治療をうけ入院期間)の治療が終わって自宅へ帰るまでの間に、治療や介護、リハビリテーションなどを行うためのご高齢者の施設です。

この施設には、要介護1から5という認定を受けている方が入所対象となります。この施設で治療や介護、リハビリなど、機能回復訓練を受け、自宅での自立した日常生活を送ることが出来るようにするものです。

介護療養型医療施設に入所する場合には、介護認定を受ける必要があります。そして入所希望の施設に施設サービス利用契約所を交わします。

多くは急性期に入院した病院などが、介護療養型医療施設を教えてくれる場合が多いのですが、もしそのような施設がわかない場合には、市区町村などに相談すれば、介護療養型医療施設を教えてくれます。

基本的には、介護保険のしくみは、自宅で生活できることを目標とした介護提供というものがありますので、長期入所は難しいため、一般的に3ヶ月くらいが目安となります。

また、積極的治療、容態がまた良くない、という状態になった場合は、一般病棟に移り医療保険での治療を受けるということになるようです。

介護療養型医療施設では基本的な介護入院費は1割負担となっています。また、介護度によって、個人負担がかなり違うようですが、平均的な金額は7万円くらいといわれています。

各個人によって、リハビリや特殊な医療器具、処置、検査といったものが必要となる場合は、利用料金が加算されるようです。

市町村によっては、治療などに一定額以上超えると、高額介護サービス費支給申請制度というものを利用できる場合もあるようなので市町村の窓口へ問いあわせた方が良いでしょう。

年金だけで入れる老人ホームはありますか?

急スピードで高齢化が進んでいる日本では、老人ホームの数は非常に多く、その種類もたくさんあります。公的老人ホーム、民間有料老人ホームなどいろいろです。

年金といっても、人それぞれ受給額に差があります。

軽費老人ホームの場合、所得制限などもありますので、 各市町村の相談窓口や、各老人ホームへの相談をしてみるのが一番良い方法です。低額での入居が可能である特別養護老人ホームなどもありますが、現在はどの施設も満室状態で、待機している方がたくさんいらっしゃいます。(何百人という地域もあります)

自分だけで解決しようとしても、なかなかうまくいかないですし、施設の情報などもあまり知ることができません。

各市町村の相談窓口、保健センターなどでも、こうした相談にのっていますので、まずは自分の年金額がどのくらいかということがわかる資料を持って相談に行ってみましょう。

最寄りの老人ホームはどこだ